タイガーナッツ 効果

今注目のタイガーナッツで温活!腸内美人になって妊娠を目指そう!

 

妊娠

 

アサイー、チアシードと大ヒットしてきたスーパーフードですが…今この2つに追いつく勢いなのが…

 

コロンとした見た目が可愛い、タイガーナッツです!

 

ナッツという名前ですが、実は「ショクヨウガヤツリ」という野菜の根っこが丸まったものなんですね。

 

ジャガイモなんかも同じように、土の中で根っこから丸いものができていきますよね。

 

見た目はナッツそのものなので、惑わされやすいです。

 

タイガーナッツは最近注目され始めましたが、オックスフォード大学の研究チームの調査によると…

 

実はかなり歴史が古くて旧石器時代に東アフリカの先住民族が食べていたと言われています。

 

紀元前2000年前から栽培がスタートしたとも言われており、最古の栽培作物のうちのひとつとも言われています。

 

古代エジプト時代では、薬用としても使われていた形跡が、当時のお墓から出てきて明らかになっています。

 

そんな薬用にも使われていたタイガーナッツ、実は腸内環境を整えることで、冷えなどに良い効果があるということがわかっています。

 

そこで今回は、そんなスーパーフードのタイガーナッツについて説明していきたいと思います。

 

 

タイガーナッツを食べてみました!

 

 

タイガーナッツは、カルディなどの輸入食品店で簡単に手に入ります。

 

わたしがタイガーナッツを試してみたのは、偶然輸入食品店に行った時に中年女性が…

 

「タイガーナッツって売ってる?」

 

そう店員さんに尋ねていたことから、興味を持ったのです。

 

実は、それまでわたしはタイガーナッツについて全く知らなかったのです。

 

しかし、ミーハーなわたしは「タイガーナッツって何だ?!」とワクワクしてきてしまったのです。

 

そこで深く考えずに食べ始めたのですが、調べてみるとスゴイ効果を持っていることが判明!

 

タイガーナッツには、ゴボウ14倍の食物繊維が含まれていることがわかったのです。

 

たった20粒のタイガーナッツを食べるだけで、ゴボウ1本分に相当します。

 

妊娠

 

わたしはいつも便秘気味で、かなり腸内環境が悪い状態だったと思います。

 

それがタイガーナッツをおやつ代わりに食べてからは、便秘が解消して腸内環境が整ってきたように思います。

 

腸内環境が整ってからは、吹き出物が出来にくくなったり、手足が冷えにくくなって肩こりなども起こらなくなりました。

 

腸内環境を整えることが、こんなに大切だとは思いませんでした。

 

味もほんのり甘くて美味しくて、ナッツという割にはレーズンとか干し芋のような食感で、わたしは好みでした。

 

あれからタイガーナッツを食べ続けていますが、今考えると…

 

あの輸入食品店に居た女性に、感謝しなければなりませんね(笑)

 

 

消化器内科の医師も奨める!腸内美人で温活!

 

 

では、医師の目線からはタイガーナッツはどのような効果が期待できるのでしょうか。

 

おおたけ消化器内科クリニック院長の、大竹真一郎先生によると…

 

タイガーナッツの豊富な食物繊維と、血糖値を上げにくくする作用からインスリンの分泌を抑えて、肥満を防止するそうです。

 

妊娠

 

食物繊維をとって便秘を解消することで、血液中の老廃物が減って全身の血流が良くなります。

 

全身に36度の温かい血液が行き渡ることで、手足や内臓の冷えが良くなってきます。

 

そして冷えが改善していき、子宮や卵巣などにも充分な血液が供給されて働きが向上します。

 

また、肥満は妊娠率を下げます。

 

甘い物を食べて血糖値が上がると、インスリンがたくさん分泌されますが…

 

このインスリンの分泌を助けるたんぱく質(アディポネクチン)が卵巣に影響してしまうのです。

 

その結果、排卵がうまくおこなわれなくなってしまい、妊娠しづらくなってしまうのです。

 

腸内環境を整えることで、万が一太ってしまってもダイエットがしやすくなります。

 

タイガーナッツ自体も20粒で50キロカロリーと、アーモンドの1/2です。

 

含まれている脂質もオリーブオイルなどと同じ不飽和脂肪酸なので、太りにくいのです!

 

まさにダイエットには最適な、女優さんやモデルさんが愛食するスーパーフードなんですね。

 

 

タイガーナッツの優れている点とは?

 

 

スーパーフードというと、栄養価が高くてもイマイチ食べにくかったり、味がちょっと…

 

なんてことも、結構ありますよね。

 

しかし、タイガーナッツは他のスーパーフードに比べて優れている点が多いので、順番に説明していきます。

 

@簡単に食べられる

 

タイガーナッツは、野菜の一種なので硬い殻に覆われているということもありません。

 

そのため、簡単に食べられるので食前に食べることで、血糖値の急激な上昇を防ぐことができ、太りにくくします。

 

わざわざ皮を剥いたり、切ったり…ということがないので、簡単に食べられますよ!

 

Aおやつやおつまみ代わりに食べられる

 

タイガーナッツは、ポテトチップスのような袋に入っていることが多いのですが、そのままモグモグ…

 

気が向いた時や、お酒のおつまみにモグモグ…

 

まさに最高の、おやつ&おつまみになるんです!

 

甘いものを食べるくらいなら、ぜひタイガーナッツを間食に取り入れてください!

 

B味が美味しい

 

何より大切なことですが、ミルクのような優しい味わいで美味しいです。

 

美味しいものは、必然的に長く続けることができますよね。

 

タイガーナッツの栄養素を習慣的に得るには、味はとても重要ですからね!

 

 

タイガーナッツで得られる妊活への効果とは?

 

 

それでは、タイガーナッツの栄養素の中で、妊活に役立つものを順番に説明していきましょう!

 

妊娠

 

@食物繊維

 

タイガーナッツの食物繊維は、100gあたり33gとクルミの4.5倍もの量が含まれています。

 

食物繊維を摂ることで、腸内の汚れや老廃物をキレイにしてくれます。

 

腸内に長く老廃物が留まってしまうと、血液中にも老廃物が溶け出してきてしまうのです!

 

そのため、食物繊維で腸内環境を改善するということは、血液をキレイにしてサラサラにするということに繋がるんですね!

 

からだを流れる血液は体温と同じ、36〜37度に保たれています。

 

血流が良ければ、からだの隅々まで温かい血液が行き渡るようになり、冷えが改善されるのです。

 

また、生殖器を温めると働きが活発になり、妊娠しやすくなります。

 

AビタミンE

 

ビタミンEには強い抗酸化作用に加え、自律神経のバランスも整えるはたらきがあります。

 

自律神経が整うことで、脳の性ホルモンを分泌する場所に作用します。

 

卵子を育てるためのエストロゲン(卵胞ホルモン)、子宮内膜を厚くするプロゲステロン(黄体ホルモン)のバランスが整って、排卵しやすくなるのです。

 

ビタミンEが「妊娠ビタミン」と言われるのも、納得ですね!

 

B鉄分

 

不妊に悩む女性の約90%が、鉄分不足による貧血気味だというデータが、不妊治療専門病院から打ち出されました。

 

鉄分不足になることで、血液のもとである赤血球がつくられにくくなり、血液量が減ってしまうのです。

 

こうなると、生きるために必要な心臓などの臓器に、優先的に血液が供給されてしまい…

 

子宮や卵巣などの生殖器は、後回しにされてしまうのです!

 

タイガーナッツには、赤血球を作るための鉄分が多く含まれています。

 

そのため、妊活中から妊娠中、授乳中と大活躍できるのです。

 

C葉酸

 

妊活において欠かすことができない栄養素といえば、葉酸ですよね!

 

葉酸は妊活中から摂取することで、妊娠したときに胎児の神経系の先天異常を予防することができます。

 

タイガーナッツには、妊活中の女性がとるべき200μgのうち141μgが含まれています。

 

妊活から妊娠中、授乳中までと長い期間でタイガーナッツは役に立ちますね!

 

妊娠

 

まとめ

 

 

その豊富な栄養が含まれることから、スーパーフードと呼ばれるタイガーナッツについて温活&妊活に役立つことを説明してきましたが、いかがでしたか?

 

タイガーナッツは20粒でゴボウ1本分の食物繊維が摂取でき、ビタミンEや鉄分、葉酸など温活や妊活にぴったりな食べ物ということがわかりましたね!

 

・食物繊維で腸内環境を整え、血液をキレイにして血行を改善する→冷え防止

 

・ビタミンEで自律神経を整え、ホルモンバランスを正常にする→妊娠しやすくなる

 

・鉄分により赤血球をつくり、鉄分不足を解消して生殖器の活動力アップ!→妊娠しやすくなる

 

タイガーナッツは妊活中から長く食べられるものとして、重宝しそうですね!

 

食べにくい場合は、タイガーナッツを一晩水に浸けて、牛乳とミキサーにかけて飲むと良いですよ。

 

妊娠を希望する人は、定期的に摂るようにしてくださいね!