不妊 カイロ 貼る場所

子宮を冷やさないために

カイロを貼る場所はどこが良い?

 

  1. 効果的な貼り場所
  2. 仙骨とは
  3. カラダ全体が温まる場所
  4. カイロで妊娠した例
  5. まとめ

妊娠

 

効果的な貼り場所

 

冷えを感じた時に、手軽に衣服に貼ることで、からだを温める「貼るカイロ」。

 

おそらく冷え性の女性にとっては、必須アイテムなのではないでしょうか?

 

もちろん冷え性のわたしも、いつもバッグに仕込んでありますよ!

 

でも、妊娠しやすいからだにするためには、からだを温めると良いとは言うけれど…。

 

実際、カイロは貼った場所しか温まらないのでは?と思ってしまいます。

 

しかし実は、きちんとした場所にカイロを貼ることで、全身に温かい血液が巡って体温が上がるポイントがあるんです!

 

ツボのようなものと言ったら、わかりやすいですね!

 

そこで今回は、カイロを貼るべき場所「仙骨」について、そしてカイロで温めたことによって得られる効果をご紹介します。

 

 

 

仙骨とは

 

カイロはまず

仙骨」に貼るべし!

 

 

カイロを貼るなら、やはりからだが一番温まる場所をピンポイントで攻めていきたいですよね!

 

そこで多くの女性たちが実際に妊娠できた場所が、腰のすぐ下からお尻の割れ目の始まり辺りにある「仙骨」です!

 

妊娠

 

仙骨の周りには太い血管や神経が通っているので、温めることで全身を巡りやすいのです。

 

また仙骨を温めることで、自律神経のバランスが整います。

 

自律神経の副交換神経は、仙骨のちょうど下を通っているんですね。

 

副交換神経は、骨盤の中に入っている臓器(子宮や卵巣など)を活動させています。

 

そのため、仙骨をあたりを温めていくと骨盤内の臓器に血液が送られやすくなります。

 

血液にのって、子宮や卵巣に栄養や酸素も供給されやすくなるので、妊娠しやすくなるのです!

 

わたしもおこなっていたオススメのやり方は、腹巻などの上からカイロを仙骨の位置に貼ります。

 

そして1日中、ずっと貼り続けていると…

 

保温時間は12時間だと記載されているカイロが、ほんのり温かいまま持続するんです!

 

ベストは・・・寝ている間にカイロの温度が下がるように、朝起きてから新しいものに貼り替えるのが良いでしょう。

 

一度夜寝る前に貼り替えたら、ちょっとした低温やけどになって痒くなったことがあります…。

 

朝に貼り替えることで、夜中は温度が下がるので低温やけどの心配が解消されますよ!

 

 

 

カラダ全体が温まる場所

 

ズボンのポケットに

カイロを仕込ませよう!

 

 

ズボンの左右ポケットにカイロを入れておくことで、足の付け根を温めることができます。

 

妊娠

 

足の付け根は、仙骨部分と同様に太い血管が通っていてリンパ節もあります。

 

そのため、足の付け根を温めることでからだ全体がポカポカと温まってくるんです!

 

小さめのカイロをポケットに入れて、常に冷やさないように工夫をしていきたいですね。

 

また、鍼灸院でオススメされる妊娠希望の女性へのカイロを貼る場所ですが、足の内くるぶしのちょっと上部分だそうです。

 

ここは逆子のお灸治療にも使われるくらい、子宮にはたらきかけるツボなので妊活中にはぴったりみたいですよ!

 

長めの靴下を履いて、内くるぶしの辺りにカイロを貼り付けてから、ズボンを履きます。

 

こうすることで、誰にも気づかれることなく、外出中でも温活ができるというわけです!

 

やはり妊娠しやすいからだをつくっていくためには、冷えを一時でも感じたくはありません。

 

そこで、朝から夜まではカイロを使って、寝る前にスネの位置くらいまでお湯を張って足湯をするのも良いですよ!

 

 

 

カイロで妊娠した例

 

カイロで温めていったら、

婦人科トラブルが改善!

 

 

たくさんの妊娠希望の女性が書いているブログを拝見しましたが、やはり皆さんカイロをフル活用しているようです。

 

そして10件見たブログ主のうち6名は、カイロを妊活に取り入れて無事妊娠していました。

 

鍼灸師の中では、カイロを使うことに対して否定的な考えの人もいます。

 

しかし、およそ7割ほどの鍼灸院では妊活中の女性に対し、カイロの使用を推奨しています。

 

妊娠

 

寒い時期で冷えやすいときでも、カイロで温めていたおかげで無事に妊娠している人も意外と多いんですね!

 

なんとその半数以上が、24時間ずっとカイロを貼り付けて生活していたこともわかったのです!

 

43歳から妊活を始めた人も、お尻を中心とした仙骨をカイロで温める作戦をしたところ、妊娠できて無事に出産したみたいです。

 

カイロは、手軽で比較的安く手に入りますが、こんなに妊活に良い効果を発揮しているとは…!

 

カイロを愛用して10年以上のわたしも、ビックリです!

 

 

 

まとめ

 

まとめ

 

 

妊活中にカイロを使うとき、効果的な貼る場所として「仙骨」、そして「足の付け根」などをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

仙骨や足の付け根の周りには大きな血管や神経が通っているので、からだ全体に熱が伝わりやすいんですね。

 

妊娠

 

また自律神経のバランスを整えることでホルモンバランスも整い、妊娠しやすくなるのです。

 

多くの妊娠希望の女性が、カイロをフル活用して子宮や卵巣を温めて、はたらきを活性化させています。

 

そして24時間温めることで、無事に妊娠しているという人も意外と多いのです。

 

カイロは冬場だけでなく、夏でも薬局などで買うことができます。

 

しっかりと冷え対策をして、鍼灸院もオススメするカイロで温活・妊活を始めていきましょう!

 

 

あわせて読みたい

妊娠